PS3 FAN - プレステ3の最新ニュースやソフト情報を提供

TGS2007:「白騎士物語」プレビュー、インプレッション

海外からの情報を中心としたPS3の総合情報サイト。PS3のニュース配信はもちろんのこと、動画やスクリーンショット等のPS3ソフト情報も充実。
2007/09/21 

TGS2007:「白騎士物語」プレビュー、インプレッション

 現在開催中の東京ゲームショウにプレイアブル出展されている、レベル5のPS3用RPG「白騎士物語」をプレイしてきましたので紹介します。

 初のプレイアブル出展となった「白騎士物語」、本作の特徴はなんと言ってもゲーム内に自分のアバターを作成出来ること。今回のプレイにおいてはそれを試すことは出来ませんが、その代わりにプレイ開始時に8人の異なるアバターキャラ(アキト、マイケルなど)から1人を選ぶことが出来ます。しかし操作できるのは主人公のレナードのみです。

 今回のプレイでは『危険な帰り道』というストーリーをプレイすることになるわけですが、大きなカバみたいなのを護衛?しながら進みます。そこにはタイトルの通り危険すなわち敵がいますが、そこで敵と遭遇したら、○ボタンを押すことによって剣を抜き戦闘の体勢に移ります。

 プレイ中操作できたのは主人公のみ(製品版は違うと思われます。)で3つのファンクションパレットに上手くコンボを繋げられるような組み合わせを配置しそれを駆使して戦います。そのファンクションパレットとは公式サイトのスクリーンショットをご覧いただければ分かると思いますが、画面下に表示されている『アタック』などの書かれた部分のことで今回は3つ用意されていました。そのパレットは△ボタンでメニューを開くとバトルセットアップというところから編集することが出来、例えば斬りや払い斬り、など様々な技が用意されておりそれを上手くセットします。そこでは7つほど行動をセットすることが可能です。

 係りの人から確認したわけではありませんので詳しいことは不明なのですが、おそらくは右に表示されているアイコン(技の属性?)の組み合わせがコンボに関係あるんじゃないかと。また、パレットが複数用意されているのは敵によって戦略を変えるためと容易に想像が出来、進むにしたがってその数も増える(これは完全に推測)ものだと思われます。ちなみにパレットは十字キーでいつでも変更することが可能です。

 そして、肝心な戦闘ですが、個人的な感想を言えば多少テンポが悪く感じました。というのは、1体の敵に対しキャラクター1人ずつしか攻撃していなかったためで、集中攻撃というのもそれはそれでアレですが、攻撃しているのを見て待っているというのはリアルタイムなのに勿体無い感じ。ちなみにアタックなどが書かれたサークルが全部白くなったときに行動を起こせるようでタイミングよくボタンを押していくことによって最大7コンボを敵に叩きつけることができます。ちなみに、倒した敵はそのままずっと道端に転がっていました。おそらくその倒した敵もマップの赤で表示されたままだったと思います。

 また、今回のプレイでも目玉の『変身』をすることが可能です。というよりも変身せざるを得ない場面があります、そこのところは実際にプレイして確認してみてください。

 戦闘に多少の違和感を感じるところもありましたが、映像は大変綺麗でしたし変身ものが好きな自分としては注目タイトルであることに変わりはありません。


※写真は問題があれば削除します。
※誤りの部分がある可能性があります。予めご了承ください。

 はてなブックマーク - TGS2007:「白騎士物語」プレビュー、インプレッション (Posted by kiriha)

PS3 FAN最新ニュース15件

Twitterコメント

PS3 FAN メニュー