PS3 FAN - プレステ3の最新ニュースやソフト情報を提供

【レビュー】「龍が如く 見参!」レビュー

海外からの情報を中心としたPS3の総合情報サイト。PS3のニュース配信はもちろんのこと、動画やスクリーンショット等のPS3ソフト情報も充実。
2008/03/16 

【レビュー】「龍が如く 見参!」レビュー

「龍が如く 見参!」はみんぽすを運営する株式会社WillViiからモノフェローズとしてお借りしています。

*** *** ***


いやはや悪い顔をしておられる

序盤からハラハラドキドキの展開

ネタバレを避けるため内容については触れないが、ストーリーは良くも悪くも「龍が如く」。後半は若干急ぎ足でご都合主義な印象も受けるものの、序盤からドキドキワクワクの物語が展開される。ボリュームは本編だけなら15時間程度、ただし、サブイベント、ミニゲームにハマるとその時間は何倍にも。

似すぎ!!な人物グラフィック

グラフィックは次世代機になり非常に綺麗になった。特に人物については説明するまでも無いだろう。非常に表情が豊かでゲームであることを忘れるほど。ただ人物に力入れすぎて背景がおろそかになっている気がしないでもない。確かに祇園の町並みは細部まで作りこまれ綺麗ではあるのだが……中途半端と言わざるを得ない。やるなら背景も作りこんで欲しかった。ただ、この中途半端なリアルさも逆に味となっていると言われればそれまでだが。
処理落ちについては、例えば祇園の大通り、情報量の多い部分では多少コマ送りのようになるがそれ以外はほとんどないと言っていいだろう。

 
どっからどう見ても松田翔太と松方弘樹

緊迫感のある戦闘を楽しみたい人には不満かも

本作では一刀、二刀、素手、大刀と4種類のスタイルを使った戦闘となるが、特別難しい操作を必要としないためアクションが苦手なプレイヤーにもピッタリだ。また、十字キーを押すだけで即座に切り替わるそのレスポンスの速さは嬉しい。ちなみに切り替えると敵がそれに反応してくれるのだが、そういった細かな演出はにくい。

しかしながら、戦闘については不満点が多すぎる。その1つとして特に挙げたいのが敵及び仲間のAIがあまりにも馬鹿すぎる点だ。人がいないところで剣を振っているところ見るとなんとも言えない残念な気分になる。戦闘バリバリのアクションゲームではないからいいんだ!という意見があるかもしれないが、そのあたりにもこだわっていてくれていたらと思うと……。また、ネタバレとなるため場面詳細は伏せるが銃を連射してくるあの敵。全く別な方向を向いているのにキャラクターがダメージを食らってしまうという現象が見られた。その他にも雑魚敵に絡まれるたびにロードが入ったり、刀傷が治ったり、雑魚敵の顔が皆同じだったりなど戦闘における不満点は多い。

 

 
流鏑馬

また、修行や天啓によって新たに技を習得できるのだが、修行は祇園無手流道場や滝修行、カカシに流鏑馬など非常に多岐に渡り種類が豊富すぎて、全てを得ようと思ったら膨大な時間が必要となる。ただ、筆者が最後まで連打と同じヒートアクション(「極」と表示された時に△を押すと発動するいわゆる必殺技)で乗り切ったように、戦闘の難易度は高くないので、大した技を身に付けなくとも連打だけで最後までクリアすることは可能だ。

豊富すぎるサブイベントとミニゲーム

シリーズの見所はやはり豊富なサブイベントとミニゲーム。サブイベントの中には非常にお馬鹿なもの、悪代官と言えばコレ!というようなものも用意されている。筆者は初回プレイ時には、ほぼサブイベントを無視しプレイしていたのだが、このサブイベントには幸運にも出会うことが出来た。どんな内容かはここでは書くことが出来ないが、お菓子で悩んでいる町人がいたら是非絡んでやって欲しい。

それにしてもミニゲームの豊富さ奥深さは素晴らしい。将棋や麻雀だけでなく、賭場ではちんちろりんや丁半博打、競亀など多種多様なお遊びを体験できる。その中でも競亀は筆者の一番のオススメだ。また、遊女とのお遊びも非常に楽しく!?思わずムフフでアダルトな雰囲気に。

 
ひな菊と遊女遊び

ちなみに、遊女とは新密度が上がればお座敷遊びのカルタや金比羅船々、投扇興、徳利倒しといったミニゲームもプレイ出来るようになるので頑張ってみて欲しい。

 
カルタと投扇興

物語を楽しみたい人にオススメ

最後に細かい気になる点を2点挙げよう。

1つ目はエンディング、全くと言って良いほど合っていない。音楽は全体的に時代劇ぽくないのだが、特にこのエンディングだけは異質である。なぜ、あの歌を選択したのか?はなはだ疑問である。

2つ目はHDDへのインストール。本作ではムービーとムービーの間やマップの移動時などにロードが入るのだが、その頻度は決して少なく無い。筆者は初回プレイ時にはインストールせず、クリア後にインストールし比較を行った。その際に、劇的な違いがあったかと問われると正直期待したほどの変化はなかったと言える。確かに感覚的にロード時間は短くなっているのだがロードは必ず入るのだ。
容量に余裕があるならばしても構わないと思うが、わざわざデータを消してまでインストールするほどのものではないだろう、というのが正直な感想だ。

 
真島〜!!

全体的に作りこみが甘いように感じたのは言うまでも無い。12月の時点で完成が発表されたがもっとブラッシュアップ出来たと思う。そう思うと非常に残念でならない。しかし、宮本武蔵と佐々木小次郎の持つイメージを崩さずに豪華キャスト陣で描かれた人間ドラマは非常に濃く秀逸で、序盤からグイグイと引き込まれてしまうほどだった。確かに最初は舞台がこれまでの現代から戦国の世へ移ったことに不安もあったのだが、どうやらこれは杞憂だったようだ。舞台を移したことによって、シリーズ作品が持つマンネリを見事に打ち破ったと言えるだろう。物語を楽しみたいと言う人は是非プレイしてみて欲しい。

 

※スクリーンショットは株式会社セガより許可を得て掲載しています。

(C)SEGA

 はてなブックマーク - 【レビュー】「龍が如く 見参!」レビュー (Posted by kiriha)

PS3 FAN最新ニュース15件

Twitterコメント

PS3 FAN メニュー