PS3 FAN - プレステ3の最新ニュースやソフト情報を提供

TGS 09:『LBP』、『モーターストーム』を通じたPSP goインプレッション

海外からの情報を中心としたPS3の総合情報サイト。PS3のニュース配信はもちろんのこと、動画やスクリーンショット等のPS3ソフト情報も充実。
2009/09/25 

TGS 09:『LBP』、『モーターストーム』を通じたPSP goインプレッション

 日本では11月1日に発売されるPSP go。PSPより薄くコンパクトになった点に魅力を感じる人もいれば、ソフトが完全にダウンロード制になったことに不満を感じる人もいる。こういった面の確かに大事だが、やはりゲーム機なので実際にゲームした時どうなのか? これが気になる人は少ないと思う。そこで今回は「リトル・ビッグ・プラネット ポータブル」と「モーターストーム レイジング・アイス」の試遊でPSP goに触れる機会があったので、個人的に感じたことを書きたい。

 まず最初に思ったのはとにかく「小さい」ということだった。確かに今のPSPより小さくなったということは何度も聞いたが、やはり実際に手にしてみるとそのコンパクトさには驚かされる。そして本体そのものが小さくなったのに合わせて各ボタン・アナログスティックも小さくなっていている。これが比較的手が大きい自分にとって厄介だった。それを痛感したのは「モーターストーム」をプレイしている時。LRボタンが小さくなっているのでRボタンをずっと押し続けるのが若干しんどかった。またアナログスティックも大きさ・稼動範囲共に小さくなってるので、ちょっと動かしたつもりがゲームでは車が大きく動いてしまう事があった。ただ「リトル・ビッグ・プラネット」をプレイしてる最中はそこまでやりにくさは感じなかったので、操作のしにくさはゲームごとに大きく左右されるかも知れない。

 次にPSPより小さくなった画面について。PSP goの画面はPSPより少し小さくなっているが、プレイしててそこまで小ささが気になることはなかった。画面の発色は何となくPSPのものよりも小さくなった分シャープになっている気がした。既に出回っている比較画像はほとんど画面が黒い状態のため画面の小ささが目立ってしまうが、実際に遊んでる時は画面の小ささは気にならない。この点に関してはPSPとの差はないと考えていいと思う。

 今回は2作品をPSP goでプレイしたが、どうしてもボタンの押しにくさが気になった。ボタンが全体的に小さくなっているので(もしかしたら自分の手が大きかったからかもしれないが)「ロコロコ」のようにLRボタンが操作で結構重要になってくるゲーム、あるいは繊細な操作が要求されるアクションゲームとの相性はあまり良くない気がした。それでもPSP go本体の出来は中々なので、機会があれば是非実際に手を触れてみて欲しい。

 (編集:モルスァ)

 はてなブックマーク - TGS 09:『LBP』、『モーターストーム』を通じたPSP goインプレッション (Posted by kiriha)

PS3 FAN最新ニュース15件

Twitterコメント

PS3 FAN メニュー